スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
まずは自分を壊そう!
【まずは自分を壊そう!】

こんにちは(^^)

前々回から始まっております「リフレーミングで生まれ変わろう!」シリーズ(?)。

前回は、セルフイメージを変えるために「嫌な記憶を清算し、前へ踏み出そう」というテーマでした。

今回は、「まずは自分を壊そう!」という過激なテーマで書いていきたいと思います(笑)

良いセルフイメージを持っていれば、あなたの周りには素敵な出来事が集まりだします。

悪いセルフイメージを持っていれば、当然悪いものも集まりだすわけです。

あなたの持っている良くないセルフイメージは、あなたが輝くことを妨害し、成長を阻みます。

いっそここで、あなたの良くないセルフイメージを崩してしまいましょう!


【小さなミスが自分のすべてだと思ってない?】

たった1つの些細な失敗が、自分のすべてに思えるときってありませんか?

私の場合ですが、この前先輩とごはんを食べに行ったときに、先輩がおごろうとしてくれたんです。

私が遠慮してたら先輩が、「年上がおごろうとしたときは素直に従っておけばいいんだよ」と言ったので、思わず「あっ、そういえば年上でしたね」と言ってしまったんです(笑)

私としては褒め言葉のつもりだったし、その先輩は私より6つも年上なのにも関わらず、中身も外見も本当に若いんです(^^)

すると先輩は「なんかその言い方ムカつくなぁ。割り勘にするよ?」とおっしゃったのです(T▽T)

もともと先輩はサバサバした性格で、本気で怒っていないことなど明らかでしたが、ちょっと怒らせたかなと思ってすぐ謝りました。

そのあと一緒に職場へ戻りましたが、先輩は何事もなかったように終始笑顔。

次の日からも私に普通に接してくれました。

しかしここで問題が発生したのです。

私はあの日の自分の発言が許せなくて仕方なかったのです。

「あー、なんであんなこと言っちゃったんだろ。自分ってホントにダメな人間だなぁ。もう嫌われただろうなぁ。もうちょっとでこの職場も変わるのに、最後の最後でやらかしちゃったよ。あー、なんで(最初に戻り、以下無限ループ)

っていう感じで、いつまでもいつまで―――――もあの日に留まり続けてしまったのです(^^;)

これは先輩の長所だから言いますが、実はこの先輩、気持ち良いくらい何も考えていないんです(笑)

言い換えれば、先輩からしてみれば、6つも年下の私の失言など取るに足らないこと。

私自身先輩の性格はよく知っているので頭ではわかっていたのですが、自分だけがなかなか気持ちを切り替えることができずに数週間もんもんとしていたのでした。

勝手にね(笑)


【考え方を変えて、セルフイメージを崩そう】

さて、このような状態が続くと次に何が起こるでしょうか?

そう、「自分はダメな人間だ」というセルフイメージの強化ですね。

実際私の場合、数週間にわたって1日中そういうことを考えていたわけですから、ネガティブなセルフイメージがより強固なものとなったことは容易に想像できますね(笑)

善か悪か。

正しいか間違いか。

たった二択だけであなたは物事を判断していませんか?

人間社会っていうのはそんなに単純なものではありません。

「うわー失敗した!完全に終わった!」などと思って、自分を否定しては自分自身がかわいそうです。

現に私も「この1年で積み上げてきた信頼が消え去ったわ…」と思いましたが、あの事件から1か月経った今は、まるで何事もなかったかのように過ごしています(^^)

何かでミスしても、別のことは大体うまくいっているはずです。

そのことを思い出して、あなたのセルフイメージを見直してください。

また、良い部分に目隠しして、悪い部分だけを見てしまっていませんか?

多少ミスをしたり、嫌なことを経験しても、ほかにも良いところはたくさんあるはずです。

それはあなたのセルフイメージでも同じこと。

ネガティブなイメージにばかり着目せず、自分のいいところも認めてあげてくださいね(^^)


【セルフイメージを高めよう!】

良くないセルフイメージを崩したら、次は良いセルフイメージを構築する番です☆

今日もおすすめの書籍を紹介しますね!




本格的な自己啓発を学びたい方にはこちらがおすすめ☆

本格的なのに噛み砕いた文章で説明してくれるのが嬉しい1冊です♪♪





付属のCDに絶大な効果があると評判です(^^)

1日ごとのプログラムは結構大変なものもあるようなので、プログラムはゆっくり、CDは毎日聞く、というやり方でも変わるみたいです。





表紙こそ女性向けのようにみえますが、決してそんなことはないのでご安心を(笑)

現実的に実践できるものが多く、落ち込んだときにはおすすめです。


☆★☆編集後記☆★☆

前回に引き続いて記事の内容と関係ない話をするんですが(笑)、先日アメブロを通じて仲良くなった方と宅飲みをしました♪♪

お互いに趣味が一致していて、その日は夜遅くまで小説をお借りして読んでしまいました(笑)

乙一さんの『天帝妖狐』という話なんですけど、私はファンタジーとかホラーとかが大好きなんですね(*^^*)

で、「乙一さんのことだから、どーせブラックな終わり方するんだろ?大丈夫大丈夫、覚悟しとくって☆」って感じで読み始めたら…











う、美しすぎる作品だぁぁぁぁああっっ!!(T▽T)












まあもちろん乙一さんがいろんなテイストの作品を書けるのは存じ上げていたのですが、どうしようもなく悲しすぎて読み終わった後も眠れませんでした(笑)


すんっっっっっっっっごく簡単にあらすじを説明すると、夜木っていう少年が死の恐怖から逃れるためにコックリさんと契約を交わし、大人になったあとも永遠に死ぬことができずに苦しむっていうお話です。

この程度ならどこにでもある小説と同じなんですけど、このお話のポイントは、契約を交わしてしまったがために、徐々に人間の体ではなくなってしまうっていうところなんです。

それでねそれでね、そういう運命を背負った夜木が最後に締めくくりとして残す言葉が、「私が人間だったらあなたとずっと一緒にいたかった。さようなら、ありがとう。私に触れてくれた人」っていう感じなんですが、ホントに秀逸すぎるんです(T▽T)

読んでいただければわかると思うんですが、まず「私が人間だったらあなたとずっと一緒にいたかった」っていう表現がもう愛の告白なんてもんじゃないんです。

最近よくあるような、そんな薄っぺらい感情ではないんですよ。

もう愛とか通り越してるんです。

レベルが違います。

そして次に「さようなら、ありがとう。私に触れてくれた人」ですが、

そこで最初に「さようなら」を持ってくるのか!

しかもその次によりによって「ありがとう」か!

「私に触れてくれた人」は(読者の心をわしづかみにする)とどめと捉えていいんだよなぁ!?


っていうくらい夜木の気持ちが胸に迫ってくるんです(T▽T)

もっとも、このことを妹君に熱弁したら「この読者(私のこと)めんどくせぇ」の一言で一蹴されましたけどねwww

読み終わって2日経ちますが、未だに「はぁ…夜木…幸せになってくれるといいなぁ…」とか妄想にふけってしまいます(笑)

ちょっと場違いだけど貼っておこww←興奮しすぎ




乙一ファンはとっくに読んでる作品だと思いますが、ホラー好き、泣ける話が好きという方におおすすめです♡♡

それでは、長々と失礼しました;;

次回はあなたのセルフイメージを高める成功体験についてお話してみたいと思います(^^)



関連する記事はこちら☆
「嫌な記憶を清算し、前へ踏み出そう」
リフレーミングで生まれ変わろう!
才能の見つけ方~誰にでも必ず才能がある~
欠点だってあなたの武器!才能は意外なところに隠れている!

↓↓よかったらワンクリック、お願いします♪♪

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
[2013/06/02 17:27 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。